渋谷の審美歯科

歯科におけるセカンドオピニオン

セカンドオピニオンとは、病気などで現在かかっている医師以外の意見を聞くことで、内科や外科などの治療法を尋ねることが多くあります。

しかし、歯科でもセカンドオピニオンは大切です。ずっと通い続けている歯科医院を裏切るようで申し訳ないという気持ちがある人もいますが、歯科医師の間でも、治療方針や方法は異なります。渋谷の審美歯科は患者さん自身が、自分に合った治療法を選択できるということは、とても重要です。セカンドオピニオンをしたからといって、クリニックを変えるということにはつながりません。

長い間治療をしているのに痛みがとれないときや、矯正の方法に悩んでいるとき、インプラントにすべきか入れ歯にすべきかなど、状態によっても治療方法は変わってきます。最近では、セカンドオピニオンの外来を設けている大学病院や歯科医院もあります。保険が適用されないため、費用はかかってしまいますが、自分の症状を他の医師から聞くことができるので、参考になります。歯の場合は、一度削ってしまうと、元に戻ることはありません。

あらかじめ相談することで、自分が納得できる治療を選ぶことができます。セカンドオピニオンを受けるときは、それぞれの治療法のメリットとともに、デメリットも確認することが必要になります。本来なら抜かなければいけない歯を、抜きたくないという希望のために使うのは間違っています。相談の結果が自分の希望と違っていても、受け入れる冷静さが大切です。